スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Diablo2 Glide

一応、ここまで大々的にディアブロ2を紹介してる手前、リンクを貼っておきます。

DiabloII:Amazon・アフィリエイト(宣伝紹介)なし
現在、基本+拡張のセット(英語版)が2100円です。

10年以上も前のゲームを紹介することになるとは・・・
当時はセットで1万円を超えていたことを考えると安すぎかなぁ。
新品なので、ちゃんとIDがありますからネットワークサーバーで遊べます。(2100円でゲーム買えば一生無料で接続できます)

遅れましたが、ディアブロ2をGlideで動かそうというコーナーです。

ぶっちゃけ、他のサイトのパクリも同然なので、そこのところは気にしない。

Windows7/Vistaで、ディアブロ1、ディアブロ2を起動させるための小細工のおさらい。

ディアブロ1は全画面モードしか起動できません。
バッチファイルを作成し、バッチファイルから起動させてください。
バッチの中味は、今月のディアブロ1体験版に書いてあります。

ディアブロ2は基本全画面モードでの起動ですが、Window画面モードでも起動できます。
全画面で起動させる場合はディアブロ1と同じようにバッチファイルを作成してください。
Window画面で起動させる場合は、起動オプション 「-w」をつけてください。
Window画面で起動した場合色化けしませんので、起動できればそのまま遊べます。

で、今回は、Window画面をGlideモードで遊ぶというものです。

ディアブロフォルダ
DiabloIIフォルダの中味はこんな感じになってるはずです。
D2VidTst.exeを実行します。

結果
通常は1つか2つしかボ選べないはずです。Glide対応させると3つ出るようになるのです。

Glide3-to-OpenGL-Wrapper
ここから、GlideモードをGlide対応してないグラボで動かすソフトをダウンロードします。

ここ
zipって書いてるとこです。

解凍したら、Glide3x.dllをDiabloIIフォルダにコピーします。

Glideinit.exeを実行します。
ドイツ語で表示されてると思います。英語に切り替えます。

調整1
settingsを調整。window-modeとstatic size(自分の表示したい画面サイズを選びます)をチェック。
全画面でも遊べるのですが、自分の場合、どうしても画面がずれるので泣く泣くwindow-modeで遊ぶことにしましたので、window-modeにチェック。

調整2
rendererを調整。bilinear filteringにチェックをすると800x600表示以外の表示で滑らかに表示するよう画像が調整されます。

起動オプション
調整が終わったら、ショートカットやバッチファイルにオプション「-3dfx」を付け加えます。

D2VidTst.exeを実行し、Glideモードにチェックします。

ディアブロ2を起動します。起動に、ちょっと時間がかかるので焦らず待ちましょう。

むぅ
1600x1200表示をアップしようとしましたが、サイズが大きすぎてアップできませんでした。
Glideモードでスクリーンキャプチャしたもの。ディアブロ2のキャプチャだと800x600に強制修正されます。@@
1600x1200等でキャプチャしたい場合は、直接画像編集ソフトに貼り付ける必要があります。

2Dモード
従来のDirect2Dモード。屋外の画面ではさほど違いが出ません。洞窟の灯りのグラデーション等で美しさに違いがわかります。

昨今のディスプレイですと800x600のwindowサイズでゲームするとかなり小さく感じられます。
そんなときに、このGlideWrapperをどうぞ。

というかGlide対応してるゲームって、ほとんど生き残ってないんですけどね!

フィーバーが落ち着くまで、ディアブロ2で遊ぶことにしますかね。

ではまた。

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。