スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Diablo体験版

DiabloIIIの発売が後1ヶ月を切ったということで。

いろいろとおさらい。

まずは、不朽の名作、「Diablo」の体験版の紹介。

公式:FTPサーバー:ディアブロ体験版(英語)

diablosw.exeというのをダウンロードして、インストール。
他にもブリザード(通称、鰤)社のゲームのいろいろパッチとかも落とせるので、鰤好きなら覚えておいて損はないかな。

バッチ当て
古いゲームなので、Windows7だとやっぱりバッチファイルを作らないと色化けします。

SS(スクリーンショット)はPrintScreenSysRqキー。拡張子が「PCX」なので、Windows7のペイントだと読めないんだよね。
他にもLANプレイにおける通信プロトコルが「IPX」という過去の遺物。Windows7でサポートされてないので、あきらめよう。
公式サーバー(バトルネット)に繋いでネットワークプレイする分にはTCP/IPなので、Windows7でも問題なく遊べます。
まあネットワークに繋いでも、繋がなくても遊べます。ここまで古いと繋がないで遊ぶことになるかな。

うーん
音楽に関しては今でも超一級ではないでしょうか。少なくとも次回作のDiabloIIよりよかったです。
グラは、640x480なんで、まあそこのところは。

体験版なので、キャラがWarrior(ウォリア)しか選べず、地下2階までしか潜れません。クエストも一切受けれないようです。
日本語化はMODS(改造)も含めてありませんが、斬って斬りまくるだけのゲームなので、日本語は不要です。

ディアブロ:wikipedia
1997年発売。15年も前のお話なのですね。現在でも公式ネットワークサーバーが稼動し、しかも無料でネットワークプレイできるのは驚きです。

amazonだと中古で2000円くらいから。公式サーバーはID管理してないので中古で十分ですが、今時買う人いるかなぁ。
体験版で雰囲気味わうだけで十分だとは思います。

次はDiabloIIでも。

関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。